ゴールド免許のおトクな特典について紹介しているサイト

>

年間事故数と今後の道路事情

更新スパンや手続きにかかる時間的な優遇

免許の更新はドライバーであれば必ず行う必要がありますが、免許の種類によって有効期間や手続きにかかる時間が変わってきます。
グリーンやブルー免許であれば免許の有効期間は3年ですが、ゴールド免許の状態での更新であれば5年に1度行えば良いのです。
働いていると、なかなか免許の更新に出向くのは時間的余裕なく焦ってしまう人もいるでしょうが、5年に1度と3年に1度では体感でかなり違いがあるのではないでしょうか。

また、免許の更新手続きに必要な所要時間も他の免許と違ってゴールド免許の場合は早く終わるのもちょっとした嬉しいポイントではないでしょうか。
手続きというものに時間をなるべく取られたくないと思うのは普通のことなので、ゴールド免許であればそういった時間的コストを軽減できるという点でもメリットがあるといえるでしょう。

免許の更新場所を選択できる

ゴールド以外の免許の更新が免許センターで行う決まりになっているのに対して、ゴールド免許支持者であれば免許の更新場所は選択できる可能性があります。
例外もあるものの、近い警察署などで受けることができることが多いので、忙しく生活している中だと免許センターまで行く労力がかからない分は若干楽ではないでしょうか。

また、経由更新が可能であり出張などで更新日に遠方に滞在する場合にその地で更新を行うことができる場合があります。
これは便利なので、可能かどうか事前に確認して必要に応じて利用できれば良いですね。
例外としては、ゴールド免許保持者であっても四肢欠損など身体的理由ありきであったり更新日に更新ができない場合などは更新場所を選択できないことがあります。


この記事をシェアする